Nomadka

Nomadic Woman

 
  • Concept and direction: Katarzyna Pastuszak 
  • Choreography: Katarzyna Pastuszak, Dorota Androsz 
  • Texts: Louise Fontain, Katarzyna Pastuszak, Dorota Androsz, Barbara Szamotulska
  • Performance: Louise Fontain, Dorota Androsz, Katarzyna Pastuszak, Aleksandra Sliwinska, Agnieszka Kamińska, Nel Melon, Anna Kalwajtys, Barbara Szamotulska, Magdalena Jędra,
  • Video: Katarzyna Pastuszak, Louise Fontain 
  • Set design: Katarzyna Pastuszak 
  • Live music: Joanna Duda 
  • Costumes: Louise Fontain, Katarzyna Pastuszak, Dorota Androsz, Barbara Szamotulska
  • Light: Jozef Leoniuk
  • Premiere: 11.12.2012, Club Zak, Gdansk, Poland
  • Financial support: City Council of Gdansk 

 

NOMADIC WOMAN is a performance about women and their inner and outer immigration. It is also a contemporary version of a myth of rebirth and return of the woman to herself and to the world.
The core of the performance is formed by stories of women who have experienced a form of exile, women who were in some way torn from their natural environment, their family, homeland, community and/or from their own body. These women, just like nomads, have lived their life in continuous motion, without a secure and constant place of living, without a sense of belonging and sense of self/worth. The performance was inspired b
y the life story of Louise Fontain. Her “nomadic” life started in Greenland from which she was deported as a child to a foster family in Denmark and after years of exile and violence returned to herself in the North of Norway in the environment of nature and within the community sami culture. On the theoretical level the performance also resonates with the concept of “nomadic identity” developed by Rosi Braidotti. Recently NOMADIC WOMAN was performed in Japan and Greenland. NOMADIC WOMAN is performed by a group of interdisciplinary artists including Louise Fontain (Greenland/Norway, storyteller/performer), Katarzyna Pastuszak (Amareya Theatre, performer/dancer), Joanna Duda (musician/composer, Wojtek Mazolewski Quintet, J=J), Dorota Androsz (actress, Wybrzeże Theatre), Agnieszka Kamińska (Amareya Theatre, performer/dancer), Aleksandra Śliwińska (Amareya Theatre, performer/dancer), Anna Kalwajtys (performer), Magdalena Jędra (dancer).

 

 

The scary truth about the Danish and what they did in Greenland 0 the performance "Nomadic woman" and Louise Fontain's story is just the tip of the iceberg....

 

http://www.reuters.com/article/2014/05/02/us-greenland-denmark-primeminister-idUSBREA410J920140502

 

 

 

LOUISE FONTAIN’s STORY

 

 

While I grew up in Greenland, my grandmother Louise lived in a small village with 100 people.

 

 

My grandmother had 10 children whom she took care of. Most of our daily food came from the sea

 

My grandfather was a great hunter, hunt from his kayak.

 

 

My grandmother's life was an adventure in itself, hard working, always a lot to do - gather firewood, picking berries, sew clothes for all, carry water from a lake in the mountains, fix all the catch from the nature, the animals and fish.

 

 

At her home, everything was understandable; the fire and the animals gave food to eat, clothes to wear and the sky gave sun and snow, that was crucial for hunting and trapping days. Today's rhythm was determined by nature and the seasons.

 

We children could play outdoors all day or help Grandma with her activities.

 

 

My grandmother has had a strong influence on my life, she made a lullaby to me, my own song. And since her death, I often have conversation with her in my dreams.

 

This ulo (inuit womenknife) I got from my Grandmother Louise before she died in 1986.

 

 

 

My grandmother never learned Danish language. And I forgot my own language.

 

And I forgot my song.......................

 

It began 40 years ago.

 

My life in a close relationship to nature and my own family took a dramatic change.

 

From 1961-1976 were thousands of Inuit children with good abilities sent to Denmark to acquire the Danish language and culture. The idea behind the project was that children should be prepared to be able to go to college and become Leaders in modern Greenlandic society.

 

 

I'm sad about the fact that I lost the majority of life: language of the heart - which binds me to the family and to my people. The loss of identity - not be enough Danish or Greenlandic probably was the consequence and it has affected my life in all the years ... where I should be at home, I was a stranger.

 

 I was 9 years old.

 

«In the end of the train journey
we found out that we will be separated

 

alone each of us
children were to be picked up by their "civilized" Danish parents

 


- and a new life awaited.  Najavaraq
Now she must be Mette Greenlander far from home
with well-meaning people
to teach her new manners and new culture from now on it is forbidden to speak or even think Greenlandic it ´s no longer allowed to jump free in nature Now everything must be done in due time On paper, it is 1 year, but it will be forever
on paper it´s: 
there are not supervise the child and her new family

40 years later, no one will talk about it. Danish government and the Greenlandic society will not take responsibility for what happened...

 

 

 

The Danish Primeminister says: it's a boring story we have together, but this is a time we have put behind us...

 

 

Here on the mountains, I find closeness to nature and my own story, although I often try to escape from it. 

 

One day I know while I pick berries or slack the fish, I´ll remember my language ...
- one day I´lll find my grandmother Louise' song:

 

 

 

kangaamiormiorsuuit

 

kangaamiormiorsuuit

 

siivarsuaq pissaviuuk

 

 

isersuit

 

isersuit

 

 

inequnartunnguit

 

 

 

ルイーズ・フォンテンの物語

 

 

 

私の祖母は、私と同じく、ルイーズという名前でした。グリーンランドの寒村に住んでいました。住民はおよそ百人。

 

 

 

祖母は十人の子どもを育て上げました。

 

 

 

食べ物は、海と森が私たちに与えてくれました。

 

 

 

祖母の生活は、日々の戦いでした。薪を集め、山上の湖から水を運び、漿果を集め、着古した服につぎを当て、祖父が仕留めた動物の皮を剥いだりしなくてはならなかったのです。

 

 

 

祖母の家では、なにもかもが単純で明快でした――火と動物は、食べ物と着る物を、空は、狩猟と動物の罠をしかけるのになくてはならぬ太陽と雪を、私たちに与えてくれました。日々のリズムは自然と四季によって決められていました。子どもだった私たちは、遊んだり祖母の手伝いをしたりしながら、一日中庭ですごしました。

 

 

 

祖母は、私の人生に大きな影響を与えました。私が幼かったころ、祖母は私のために子守唄を作りました。私だけのものとして、贈り物として、私にくれたのです。これは私だけの歌でした。祖母はもう生きていませんが、夢の中でよく私に会いに来たり、私と話したりします。このナイフ(ウロ:女性用ナイフを意味するイヌイット語)は、祖母ルイーズから、彼女が死去するすぐ前の1976年にもらったものです。

 

 

 

祖母はデンマーク語を知りませんでした。私はグリーンランド語を忘れてしまいました。私の歌も失ってしまいました。

 

......................

 

 

 

私の旅は40年前に始まりました。

 

そのとき、私は9歳でした。

 

ある日、グリーンランドで自然とすっかり調和してすごしていた私と私の家族の生活は、別の方向に流れはじめたのです。

 

 

 

19611976年の間に、何千人ものエスキモーの子どもがデンマークに送られました。デンマーク語とデンマーク文化を知り、やがてグリーランドに戻り、中等学校を修了して、新しいグリーランド社会のリーダーになることがその目的でした。これはデンマーク政府とグリーランドの政治家が考え出したプログラムでしたが、その結果として私は私の生涯の大半を棒に振ってしまったのです。私は、私と私の家族・私の社会との絆であった「心の言語」をなくしてしまいました。帰属をなくしてしまいました。デンマークへ強制移送され、家族と国から突然切り離された結果、私はデンマーク女性になりきることも、グリーンランド女性になりきることもありませんでした。「間」にいるという意識、根なし草であるという意識は、長年にわたって私を悩ませ、私の生涯に大きな影響を及ぼしました……。

 

私はどこにいても、そこがわが家であると感じることはありませんでした。どこにいても、私は外部からの侵入者であり、異邦人でした。

 

列車での旅が終着点に至って、ホームに降ろされたとき、私たちは知らされました――私たちが一人一人に分けられ、それぞれ「文明的な」デンマーク人の両親に引き取られるということを。

 

 

 

家から遠く離れて

 

新しい礼儀作法と新しい文化を教え込もう――

 

そう信じる善意の人々とともに

 

 

 

そのときから、私はグリーランド語で話すことを禁じられました。考えることもです。

 

 

 

もう、無邪気に庭を駆けまわることも、自然の空気、それまで私が享受していた自由の空気を呼吸することも、できませんでした。

 

 

 

「私のデンマークでの暮らしは1年間で終わる」――書類にはそう書かれていましたが、実際には永遠に続きました。

 

書類には、こう書かれていたのです――「デンマーク政府は、以後、子どもに対する責任を放棄し、子ども並びにその新しい家族を監督することはない」と。

 

 

 

40数年後の今日、こうした政策について語ろうとする人は、誰一人いません。デンマーク政府も、グリーンランド社会も、起きたことの責任をとろうとはしません……。

 

 

 

私は、この土地、北ノルウェイの高い山々の中に暮らしながら、自然との親しみ、そして、私が幾度となくそこからの逃亡を図った私の物語を取り戻しました。私は知っています――いつの日か、漿果を集め、魚を切り身にしながら、私は己れの母語を思い出すことだろう……いつの日か、私は、ルイーズお祖母ちゃんからもらった歌を、取り戻すことだろうと。

 

 

 

kangaamiormiorsuuit

 

kangaamiormiorsuuit

 

siivarsuaq pissaviuuk

 

isersuit

 

isersuit

 

inequnartunnguit

 

 

 

 

 

 

 

translation: KOICHI KUYAMA